不動産会社を選定するコツ

住宅模型

言動や行動

家を借りるにしても買うにしても、家を契約してから退室するまではその不動産会社と関わりを持つことになります。対応が悪くて不信感が募るようでは安心できないので、スタッフの言動や行動に着目しておくべきです。

ブローカーに委託しない

ブローカーが不動産会社に変わって不動産アドバイザーなどと名乗ることはあってはならないことだとされています。免許を持っていない第三者に任せている不動産会社は信頼できるとは言い難いでしょう。

大げさな謳い文句

「激安」や「掘出し物件」などあたかも自分の運営している会社が1番良いというような謳い文句をしているのなら要注意です。何故なら、他社と違うというアピールをすることは原則禁止となっているからです。

宅地建物取引業の免許がなし

不動産会社を運営するためには、宅地建物取引業という免許がなければなりません。それをきちんと明示している不動産会社なら安心して利用することができるでしょう。所有の有無はサイトなどで閲覧できることもあります。

優良な不動産会社を見つけたら

上記のことを注意しながら良さそうな不動産会社が見つかったら、今度は物件を調べてみると良いでしょう。自分に合った方法を試してみるべきです。

探し方を徹底比較

ウェブサイトを活用する

不動産会社に行く時間がないけれど新居を探したいというのであれば、ウェブサイトを見てみると良いでしょう。それなら、自宅や会社にいながら検索することが可能となっています。

店舗に赴く

時間に余裕があるのなら、実際に不動産会社に足を運んでみるのが得策です。詳しい間取りなどを説明してもらえますし、見学をすることもできるでしょう。

不動産会社に好印象を与えるには?制約を厳守する

男性と女性

予約をしよう

インターネットで物件を見つけた時のみならず、直接不動産会社へ行く場合でも事前に予約することを念頭に置いておくと良いでしょう。そうすれば、待ち時間もなくスムーズに案内してもらえるのです。また、予約をしておけば忙しいスタッフさんの迷惑にもなりません。

部屋

保証人会社があるか否か訊いておく

不動産会社で物件を借りる時には、保証人が必要なところがまだまだあります。親がいないなどの事情で保証人を用意できなければ家を借りることができません。しかし、保証人会社を通すことができる不動産会社であれば、誰でも入居することができるので、事前に調べておくと良いでしょう。

家

制約がある

物件には、契約者以外の入居を拒否しているところもあるでしょう。猫や犬などのペットの飼育を禁止しているところもあります。これらは、物件によって異なるので、不動産会社と契約をする前に調べておくのがベターです。

つみき

支払い期限を守る

物件を借りるためには敷金や礼金を前もって支払わなければならないこともあります。その場合、期限が設けられている場合もあるので、期限内に敷金や礼金を収めるようにすると良いでしょう。

[PR]
茅ヶ崎のマンション物件が満載☆
不動産選びを手軽にすすめよう

ルールを守ってこそ

物件にはそれぞれ細かいルールが存在し、それを守らなければ入居を断られることもあり得ます。そうなりたくないのなら、最低限のマナーをわきまえておくのが賢明です。

広告募集中