賃貸オフィスや貸事務所で経営スムーズ│起業スタート不動産ガイド

不動産

貸し店舗の歴史を学ぼう

貸店舗を借りる場合の金額について

店舗

貸店舗は、何らかの商売を行うさいに利用するための賃貸物件のことです。貸店舗を借りる方法は、マンションやアパートなどと同じで不動産会社などに仲介をしてもらって条件に合致する店舗を探して賃貸借契約を結ぶことになります。 しかし、貸店舗を借りる場合には賃料のほか、多額の保証金が必要なケースがほとんどです。これは貸店舗は借りた状態はスケルトン、つまり何もない状態なのであり、お店を開業するための設備を導入する必要があり、また返却するさいには、これらを撤去して原状回復工事を行う必要があります。その費用が一般の住宅と異なり高額であるため保証料が高く設定されています。そのためマンションやアパートなどを借りるよりも初期費用が多くかかります。

開業するさいに借りる貸店舗の変遷について

貸店舗は不動産活用をする上でスタンダードなものであり、特に人の往来の多い場所では盛んに行われていますが、貸店舗という形で貸し出されるようになるのは高度成長期以降の話になります。 それまでの商店は一般の住宅の1階を店舗として利用して2階を居住区とするものが多く、専業でお店を持つというのは極めて特殊な例でした。しかし、高度成長期以降は鉄筋コンクリート製のビルが盛んに建つようになると道路に面した条件のよい1階を店舗として貸し出すようになります。また、それまでは多くのお店が自社ビルでの営業が基本であったのが、ビルの1階部を区切って複数のお店が利用できるようにした建物も登場するなど、多様化して現在に至ります。

Copyright©2015 賃貸オフィスや貸事務所で経営スムーズ│起業スタート不動産ガイド All Rights Reserved.